医師紹介

院長 山下喜仁
1989年 大阪歯科大学卒業
1989年 山岸歯科(大阪千里中央)
1992年 足高歯科(大阪北区堂島)
1998年 
   岡田歯科大阪インプラントセンター
         (大阪梅田第4ビル)
   日本顎交合学会会員

(日本口腔インプラント学会)

2001年 歯科たけむらクリニック開設

院長山下 喜仁やました よしひと

高齢者が人口の25%を占める勢いで高齢化する日本。医療のあり方が重大な社会問題となっているのにもかかわらず、歯科医療では、依然として虫歯と歯周病が2大疾患という過った常識があります。
歯科治療の主な目的は、咀嚼(そしゃく)機能の回復とその維持にあります。十分な咀嚼(そしゃく)は、唾液分泌促進による消化器粘膜保護、食物の発ガン性減弱、活性酸素消去、抗菌性向上、老化抑制、糖尿病予防、脳活性化による脳老化のリハビリテイションなど様々な効果につながることが明らかになっています。身体的、精神的に不可欠な行動である、咀嚼(そしゃく)機能の健全化こそ、歯科治療に求められること、歯科医師が推し進めることであると強く思っております。
したがって、虫歯を治すといった今までの常識ではなく、咀嚼(そしゃく)機能の回復及び維持を進めていく歯科医師としての重責を担っていく思いであります。



歯科医師 山下真美
1992年 松本歯科大学卒業
1992年 八重洲南口歯科勤務
     (東京都中央区)
1994年 池田歯科医院勤務

(東京都豊島区サンシャイン60) 

1996年 けんたろう歯科医院勤務
(兵庫県川西市)
2001年 歯科たけむらクリニック開設

歯科医師山下 真美やました まみ

兵庫での勤務医時代の経験が、今の歯科医師としての治療方針につながっていると思います。その医院では、患者さんに子供がたいへん多く、子供への接し方や治療方法など、小児科治療に必要な判断や技術が経験できました。
子供への治療はまず恐怖心を与えないことだと思います。ほんの少しでも痛い思いを経験させると歯医者には行きたがらなくなってしまいますよね。まずは子供とお喋りをし、時間をかけて子供の気持ちをしっかりつかむことが大切だと思います。子供の気持ちをつかんでいれば、痛みを感じた場合でも恐怖心までは与えてしまわないですよね。
歯科医師としてすべきこととして、母親になって痛感することがありました。虫歯治療を丁寧に行なうことよりも、虫歯にならないアドバイスを親御さんに理解してもらわないといけないということです。ちょっとした工夫、生活の改善でお子様の生活が大きく変わります。母親である私が実践していることを、理解していただき、お子様のお口づくりをサポートさせていただければと思っています。

  
歯科たけむらクリニック 歯科たけむらクリニックアクセスマップ 歯科たけむらクリニックお問合せ 歯科たけむらクリニック育成矯正(T4K) ホワイトニング 歯科たけむらクリニック求人情報 歯科たけむらクリニックブログ 歯科たけむらクリニックFacebook