歯のこと

こんにちは。歯科たけむらクリニックです。

最近、味付けをしていない無味の炭酸水が多く売られています。無味なので虫歯にならないと思っている人が多いと思います。
たしかにコーラなどのように沢山の砂糖を使用している飲物の方が酸性度が高く、歯が溶けやすいです。

水は中性なので、無味の炭酸水は中性と言えそうですが・・・
炭酸水のほとんどがPH5.5に近い数値を示しています。

*****「PH」とは?*****

歯が溶けやすい指標として使われるものです。一般的にPHが5.5以下だと”歯が溶けやすい”と言われています。
PHとは、酸性中性アルカリ性を示すもので、中性7として、これより小さい数値は酸性、大きい数値はアルカリ性となります。

食事をすると、口の中は酸性に(PHは低く)なり歯の歯の表面の成分であるカルシウムとリンが溶け始めます。これを脱灰と言います。
40分程時間が経過するとPHは高くなり、溶かされた歯の成分は元に戻され再石灰化されます。酸性になる時間や回数が多いと、歯が溶け続け虫歯が進行します。

****************

歯を溶かす力は弱いかも知れないけれど、酸性であることに違いないので、歯を溶かす可能性は十分にあります。

炭酸って、こんなに怖いんですね😱

皆さんも気をつけましょう☺️✨

詳しくは医院にて、、、🍀

お待ちしております😌


当医院でも子供達がバランスボールに乗ってトレーニングをしています。

バランスボール
姿勢は、とっても大切で
姿勢が悪いと体がゆがみ、そのゆがみは、全身のバランスを崩していく。

頭部の重心の位置がずれると不正咬合「歯並びが悪くなる」の原因になります。

みなさん子供達の健康を考えましょう

本日は、有限会社メディカルコミュニケーションの反橋先生をお招きし、口腔内写真撮影について学びました。

口腔内写真の目的は、大きくは治療の質向上と患者さんへの説明になります。

治療においては、歯列の関係性が非常に重要であり、治療計画を適切に立てていくには重要なことになります。

また、治療を受けていただく患者さんには「人にどうみられるか」が重要なことになります。

撮影を軽く考えると、撮影した写真から適切な判断ができなかったり、患者さんに誤ったイメージで伝わったり大変なことになります。また、患者さんにほとんど負担をかけないように工夫することも気をつけています。

IMG_0255IMG_0256
反橋先生の実演、細かい指導。

IMG_0257
口を大きく開けて口腔内をとるために、口腔鈎で優しく引っ張ります。

IMG_5270IMG_5269
撮影前の立ち位置、傾き、鏡のあて方など細かく教えていただきます。

IMG_5249IMG_5261
何度も何度も撮影の練習し、目的に合う写真に近づいてきたと思います。

IMG_5278
院長先生と真美先生、撮影結果を評価しあっています。

メディカルコミュニケーションの反橋さん、3日間にもわたりありがとうございました。<(_ _)>

患者さんにしっかりと活かせるよう頑張っていきます。

また、相談にのってください!

最近 小さいお子さんをおもちのお母さんから
歯磨きはいつから始めたらいいですか?? 😛
歯磨きをとっても嫌がるのですがどうしたらいいですか?
と質問をよく受けます。 🙄

そこで 歯磨きスタートはこれ!!IMG_0120

このスポンジがとっても優秀です

以前は、ガーゼのハンカチなどを濡らして
歯や歯茎を拭いて下さい。と説明していました
しかし お母さんの指を子供の口に入れると子供は
どうしても咬んでしまいます
しかし、このスポンジであれば 咬まれることもなく
お母さんのブラッシングの時に力が強くなりすぎることもありません

実際に使われているお母さんから
「まみ先生の歯ブラシよ~」と言うと嫌がらずに
磨いてくれると言っていました

当医院でも窓口で販売しています

また このスポンジで まだ歯が生えてきていない歯茎も
マッサージしてあげてください。
そうすると 口腔筋機能(口のまわりの筋)のトレーニングの一歩にも
なります

T4Kも装着しやすくなりますね

最近、当院に治療をする前の『トレーニング』で来院されるお子様が何人かおられます。
【トレーニングとは、歯科治療に対する恐怖心を取り除く、治療前の準備のことです。器具やスタッフ、治療時の音に慣れてもらうことを目的としています♪】

個々に様々な理由があり、なかなかお口を見せていただけないのですが、私からお母様方にお願いしたい事があります。

それは、年齢の低い時(大体3歳くらいまで)に、コミュニケーションの一つとしてお口の周りをやさしく触ったり、お母様の指にガーゼ等を巻いて歯を磨く真似をしてみたりして欲しいということです。

大人でもそうですが、人に自分の口の中を触られたりする事ははあまり気持ちの良いものではありません。
ましてホッペをひっぱられたりすることに慣れていないと、なかなか歯科での治療は難しいのです。

少し時間のある時に、お子様をゴロンと寝かせ笑顔でやさしくマッサージするようにコミュニケーションをとってみてくださいね。子供も笑顔で治療が受けることが出来、“また歯医者さんに行きたい!”と思われる様、努めたいと思います。

当院関連ページ→★小児定期検診の流れ★ ★母親教室★

先日、2回目の母親教室を行いました。今回も二組で、母親教室という看板でしたが、お父さんも来ていただいて、ありがとうございます。母親教室と名付けていますが、子供さんのための、勉強会なので、お父さんでも、おばあちゃんでも、おばちゃんでも誰でも参加OKです。 😛
今回は、子供の歯予防、食育などの悩み事から聞かせていただき、それに合わせて、知っていただきたいことを説明させていただきました。あっという間の1時間ですが、参考にしていただければと思います。
次回は5月に開催したいと思いますので、日程が決まりましたら、ご案内させていただきます。

–>母親教室報告(教室の様子)

mami_1

sota_1

参加お申込・教室に関するお問合せはこちらまで
電話: 086-264-0418

無事、2回目の母親教室を行いました。今回は、初めてお父さんが、2歳の「そうた」くんをつれてきてくれました。ありがとうございます。 :-P 前回は、伝えたいことを先に、どんどんおしゃべりしてしまって、質問をお聞きする時間が少し取れませんでした。今回はまず、悩み事から聞かせていただき、それに合わせて、いろいろとアドバイスさせていただきました。いかがだったでしょうか?あっという間の1時間ですが、参考にしていただければと思います。 次回は5月に開催したいと思いますので、日程が決まりましたら、ご案内させていただきます。

  • 最初にご挨拶 2度目なので、少しはリラックスしています。それでも、緊張します。 😉 img_5834
  • 1歳10ヶ月の「みさき」ちゃん img_5835
  • お父さんと参加。2歳の「そうた」クン。車のおもちゃに夢中です。 img_5848
  • 子供を遊ばせながら、悩みごと相談。虫歯になる仕組みをご説明。 img_5845
  • ブラッシングの実演。「みさき」チャン、のけぞり嫌がる~ img_5852
  • 「そうた」クン、涙をためながら我慢。えらいぞ。 img_5853
  • 「みさき」ちゃんは、子供専用歯磨き粉に大喜び。楽しんでくれればいいんだよ~ img_5856
  • うがいはまだできません。お水をごくり飲んで、飲み込んじゃいましょう。 img_5855
  • だんだん慣れてきた「みさき」ちゃん、頑張ってね。 img_5857
  • ついに限界。「そうた」くん、大粒の涙でエ~ン。 img_5858
  • みさきちゃん、そうたくん、長い時間頑張りましたね。ありがとう。

    はじめての 母親教室 が終わりました。

    寒い中参加していただいたお母様方、ありがとうございました。

    少し予定の時間よりも過ぎてしまいましたが参加いただいたお子さんお二人ともとってもおりこうで私は息子が1才くらいだったころの事を思い出し、楽しい時間を過ごすことができました。

    まだまだ始めたばかりの母親教室なので
    手直しをしないといけない所が多いのですが
    月1回ぐらいのペースで開きたいと思います。

    次回は、3月25日(水)10:30~ です。

    1. 最初にご説明
      子どもの歯について、虫歯になるしくみ、子どもの食べ物についてご説明
      hahaoya2
      すぐなれて、陽気な「はるた」クン
      haruta3
      お母さんから離れません。「ようこ」チャン
      yoko1
    2. 実際にブラッシング指導
      hahaoya1
      ブラッシングを喜ぶ「はるた」クン
      haruta1
      お姉さんのブラッシングに神妙な「はるた」クン
      haruta2
      やっぱり泣き出した「ようこ」ちゃん。いつか慣れるから、あせらないでいいよ~
      yoko2

    はるたくん、ようこチャン、長い時間頑張りましたね。ありがとう。

    年末から年始にかけて、子供達は冬休みという事もあり沢山、検診に来てくれてますが1つ気になる事が・・・
    皆さん、歯ブラシの交換はいつしていますか??
    よく「歯ブラシの背中から見て毛先がはみ出していたら交換の時期」と言われています。
    では、歯ブラシは一体どのくらいもつものかご存知でしょうか??
    大体ですが、大人でも子供でも約1ヶ月は使用していただけます
    では、なぜ1ヶ月間歯ブラシがもたないのでしょうか??
    まだ、小さい子供達はどうしてもブラッシング時に歯ブラシを噛んでしまったりするので使用期間が短くなってしまいます。その他の理由としてはブラッシング圧が強いと1ヶ月もちませんね。力を入れすぎるとプラークも落ちにくくなったり、歯茎なども傷めますよ

    (写真)左が交換時期を迎えた歯ブラシ、右は新品の歯ブラシです。
    e0145300_10261267

    昨日から急に寒くなりましたが、皆さん体調には十分気を付けて下さいね
    さて、早速ですが先週の続きのお話をしたいと思います。
    歯の位置や舌の位置が理想的でなくなると、それが原因で、

    1. 口呼吸(口を開けて呼吸をする事)になりやすい。
    2. そして口からウィルスが入りやすくなり、風邪引きやすく治りにくくなる。
    3. そうすると慢性的に鼻が出たり、咳が出たりと耳鼻咽喉科の先生にお世話になる。
    4. 鼻やのどが悪いと、睡眠障害などが起こりやすくなり又、集中力もなくなってくる。

    と、色々な事が考えられます。
    この話を聞いた、子持ち(2才2ヶ月)うちの衛生士さんは、「怖~~い」
    「どうやって育てたら良いのか分からない!!」と言っていました。
    私が思うに、そんな神経質にならずに噛みごたえのある又は繊維質の多い物を食卓に並べればよいのではないかと思います。
    長くなってきましたが、もう少し続けさせて下さいね。
    同時に口の中には、唾液が出る腺(唾液が出る場所)がいくつかあり、その中の1つ耳下腺の発育が噛まない事によって少なくなると、とても大切な唾液の量が少なくなり、虫歯や歯周病にかかりやすくなっていきます。
    余談ですが、食物中の発ガン物質の発ガン性や生活習慣病を発症させる活性酵素を唾液にわずか30秒浸すだけで、ほとんど消去できるそうです!!
    子供だけでなく、私自身、主人もよく噛んで食事をするという事を気を付けて生活したいと思います。来週はもっと堅くない話をしましょうか(笑)

    1 / 212