育成矯正

2014年6月下旬 当時6歳

お知り合いからのご紹介で来院くださいました。とてもこわがりさんのH君は医院に来ただけで泣いてしまうほどでしたが、何度かブラッシングだけさせてもらったりして少しずつ慣れてくれました。
お母さまは「この子の口はどうなりますか…。」と不安でいっぱいのご様子でした。ご家族の中に『受け口』『切端咬合(前歯の上下の先端どうしがかみ合っている状態)』の方がおられるとのことで、そのことも不安の要因になっていたようです。また、滑舌がとても悪いため、通っている幼稚園から「小学校へ入学前に『ことば教室』に通った方がいい。」と言われたとのこと。生後3歳まで母乳を飲んでいたのが原因でしょうか等、色々お話を聞かせていただきました。

診察

  •  つばが飲み込めない。(そのためいつもハンカチを持ち歩いていました。)
  •  歯ぎしりで歯が削れている。
  •  舌が動いていない。滑舌が非常に悪い。
  •  治すところがたくさんあるが、ひとつひとつ改善していけばきっと大丈夫。

h01
h02h03h04

h05

2015年12月下旬(開始から約1年半後)

h201501
h201502h201503h201504

h201505

育成矯正は、医院に来たときのみのトレーニングでは効果が期待できません。癖が戻ってしまわないように、ご自宅で習慣的に行うことが何より重要です。
H君は現在滑舌もよくなり、3ヶ月に1回程度の来院で、トレーニングレッスン中です。引き続き経過を観察していきます。

2014年7月中旬 当時7歳

7月の中旬に初めてご相談をお受けしました。
他医院の矯正科を受診した際「これは重症。治るかどうかは分かりません。」と言われ不安になり、知人から紹介されての来院でした。
約1ヶ月ほど、治療への心配事など、幾度かお母さまとお話させていただいたのちスタートしました。

お悩み

  •  歯と歯の間が狭い。出っ歯。
  •  いつも口がポカンと開いている。
  •  食事中にぽろぽろこぼす。
  •  食が細い。食べる速度が遅い。
  •  歯ぎしりをする。

診察

  •  鼻呼吸ができていない。
  •  舌癖がある。
  •  出っ歯は、育成矯正を始めると落ち着くだろう。
最初にマイオブレイスを装着した時は、鼻で息をするように丁寧に教えてあげなければならない状態でした。

n01
n02n03n04

n05

N君親子は1ヶ月に1回、多い時は2週間に1回のペースでトレーニングレッスンを行いました。遠方からにもかかわらず、お母さまのご都合が悪い時にはお父さまが一緒に来られたりと、ご家族で協力的な印象でした。
また、年末に久しぶりに会ったおじいちゃんおばあちゃんに「顔つきが変わった。」と言ってもらえたそうです。
習慣的にトレーニングを行うことで、開始から3~4ヶ月経つ頃には、周りの人も表情や顔つきの変化に気付くようです。

2015年6月(開始から約1年後)

n201501
n201502n201503n201504

n201505

生え変わっていく中で、癖が戻ってしまわないように引き続き1ヶ月に1回程度トレーニングをしながら経過観察中です。

今回は、私がなぜT4Kに興味を持ち、当院からみなさんにぜひお教えしたい!と思うに至ったのかをお話ししたいと思います。
きっかけは息子の歯並びでした。

2008/10/25

2008.10.25 2008.10.25_02

息子が3歳11ヶ月の頃の写真です。一見綺麗に並んだ歯だと感じませんか?

周りの人からも「さすが、歯医者さんの子供だね~。」と言われていました。
でも院長と私は「このままだと、生え変わった時、綺麗に並ばないね…」と確信していました。息子の永久歯への生え変わりは通常より遅れていましたが、当時の私は「個人差もあるし、時期が来れば生え変わるものだ。」と思っていました。確かに個人差はあります。が、お口の広さ(アーチ)が狭いため、後ろで待っている大人の歯たちが窮屈に重なり合い、出にくくなっていたのです。

一般的に、お口の広さ(アーチ)が狭い理由としては

  •  赤ちゃん時期にハイハイが少なかった
  •  長い時期歩行器に乗っていた
  •  誤った離乳食の与え方(お口への運び方)
  •  しっかり咬めていない(椅子での食事の場合きちんと足がついていない)

などが挙げられますが、結果、発育が理想的ではないということです。

2012/4/14

2012.4.14 2012.4.14_02

息子7歳(小学2年生)。
口がいつもポカンと開いていたり、ぺちゃくちゃと音を立てて食事をする息子。なにか他に良い方法はないのか?歯科医師としてではなく、一人の母親として『口がぽかん』『ぺちゃくちゃ 食べる』『歯並び悪い』などのキーワードでネットも検索していました。
下の写真は当時の息子の表情です。
taka20120720

T4Kとの出会い

ある歯医者さんの講演会に足を運んだのがきっかけでした。
私は歯科医師であることを伏せ、お母さん目線で話を聞きに行きました。3~4回は参加したと思います。内容は一般的なむし歯の話などさまざまでしたが、その中で紹介されていたのがT4Kでした。T4Kを使った育成矯正の説明は、母親としての心にすーっと入ってきましたし、歯科医師としても説明のつく内容でした。
そして後日、息子と一緒にT4Kをスタートしました。

2012/10/06

2012.10.06

下の歯の並びが綺麗になってきました

taka_20121006

表情にも変化が出てきました。

2012/11/05

2012.11.05

順調だったはずなのに・・・。
この頃からT4Kをさぼり気味になってしまいました。T4Kを使った育成矯正は、続けることがとても大切!とみなさんにお伝えしているのに、なかなか息子にさせることの難しさや歯がゆさに悩む日々。

2013/6/6

2013.06.06

息子8歳。
やったりやらなかったりを繰り返しておよそ5か月後。前歯がかなり出ています。このままではいけない・・・。

2013/7/26

2013.07.26

なんと、上の写真からわずか1ヶ月程しか経っていないのに、前歯の出具合がひどくなっていました。本当に何とかせねばと、私も心を引き締めました。

 2014/3/21

現在息子は9歳になり、少しずつ前歯が真っ直ぐになってきています。
息子に“させる”事ばかり考えていたのですが、夜寝るときに私自身も同じようにT4Kを一緒に付けて寝ることにしました。大人が装着しても鼻呼吸ができるようになるので良いです。

先日読んだ本に
『こどもは1番大好きな母親に褒められるのが1番嬉しい』という一文がありました。

自分自身肝に銘じ、また育成矯正を多くの方に知ってもらいたいと思っています。

 2015/2月

やったりやらなかったりを繰り返しながら継続中です。
taka_20150207

出具合がひどくなっていた前歯(上記2013年7月参照)も、落ちつています。
takahito_201502

8/10(初来院)

お悩み

歯並びはもちろんのこと、

  •  いつもぽかんと口が開いたまま。
  •  姿勢が悪い(頬杖をついて本を読んだり、勉強したりする癖がある。)

以上の2点も、お母さまがご心配されての来院でした。

診察

  •  ほぼ口呼吸。(鼻でほとんど呼吸をしていない状態)
  •  激しい嘔吐反射*がある。
  •  左あごに頬杖をつく癖があり、正中(真ん中)がずれている。

指導

激しい嘔吐反射のため、もちろんT4Kは口の中に入れられませんでした。
お母さまとA君には、次回の診察まで【4つのこと】をがんばってみましょう!とお伝えしました。

* 嘔吐反射とは
歯ブラシなどを口に入れるだけで、オエッっとなってしまう、あの状態です。人間の体は、喉の奥のやわらかい部分に異物などの刺激を感じると、嚥下しないように吐き出す反射が起きるようになっているのですが、それが非常に強い、もしくは喉の奥以外の場所でも反射を生じてしまう状態のことです。

8/17(初来院から7日後)

なんと、5分ほどT4Kを口の中に入れ続けられるようになっていました。激しい嘔吐反射で、口の中にすら入れられなかったA君ですが、よくがんばりました。
お母さまには、以下の2点をお伝えしました。

  •  マッサージを継続的にしてあげてください。
  •  もし今後「今日はT4Kしたくない!」と言っても叱らないであげてください。

20130817_01 20130817_02

 8/28(初来院から18日後)

なんと、15分ほどT4Kを口の中に入れ続けられるようになっていました。舌の位置も上がってきていました。
また、おじいちゃんおばあちゃんが「口元が変わってきたね。」と気づいてくれたそうで、それもまたA君の励みになったように思います。
そこで、次のステップ『就寝中の装着』をしてみることにしました。就寝中は無意識に口から取れたり、仮に入っていたとしても変な噛み方になると良くないので、唇を専用のテープでとめておきます。

9/7(初来院から27日後)

T4K就寝中の装着は、1日目は残念ながら失敗、でも2日目はテープが取れてしまったものの朝まで口の中にあったとのこと、3日目から就寝中も装着できるようになっていました!

12/7(初来院から109日後)

20131207_01

12/28(初来院から130日後)

20131228_01 20131228_02

A君は現在、ゆっくりとしたペースで継続中です

初診の時には嘔吐反射が激しく、T4Kを装着したまま診察台に横になるのも無理だったA君ですが、お母さまの励ましや、おじいちゃんおばあちゃんが変化に気づいてくれたことで、A君のやる気がたくさん出たのかも知れません。
また、ご家族の方より、お正月用の写真を撮った際、口元はもちろんのこと、お顔全体の表情が去年とはずいぶんと変わっていてとてもよかったです。というお言葉を頂きました。
T4Kは口元のトレーニングだけではなく、お顔全体の筋肉のトレーニングに繋がっていることを実感してもらえて、私もとても嬉しかったです。